09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24日 東京ドーム

どうも~。
部屋の中クーラーがきいているにもかかわらず
なんだか夏バテでテスト勉強どころじゃなかった奈々です・・・汗
まあ、明日はどうにかなるだろ・・・汗


ということで、
昨日、行ってきました。

KAT-TUN  WORLD BIG TOUR 2010 in東京ドーム。


とりあえず簡潔な感想としては、
なんかスッキリしました。

5人のKAT-TUNは、なんか潔くも見えた。
そして今までのオラオラ系のKAT-TUNとは違う、
キラキラニコニコしたコンサートだった。
これぞまさにジャニーズ・・・って感じ。

このコンサートに行って、自分的によかったと思う。
応援するスタンスがなんとなく見えてきたって感じ。

嫌いとか、そういうことじゃなくて、
私は「KAT-TUN」のファンはやめると思う。
だからといって仁君一筋になることもないと思う。
動画をネットで一生懸命見たりするのは苦手なんで。
私の求めるものは、やっぱり昔のKAT-TUNだったから。

だからもしまた来年、コンサートに行くとしたら、
6人の思い出は全部消して、新しいグループとして彼らを見に行く。
今の5人に昔の姿を重ねても、方向性の違いは顕著で、意味のないことだから。

でもやっぱり彼らの絆、というか団結力?はすごくて
トークとか、なんかふつーに面白かった。
頑張ろう、って思ったんだろうなってのが第一印象。
お互いを知りつくした感じ?これこそいつにない仲良しアピールでしたが・・・汗
正直、MCで仁君喋らないけど、亀ちゃんも喋ってた印象なかったんだよね。
MC=田中中丸トークタイムっていう印象が奈々の中には強い。
でも昨日は亀ちゃんが超一生懸命喋ってて可愛くて
空回りもしてたけど、その姿の中に「KAT-TUNを盛り上げなきゃ」っていう意思が見えた気がする。

トークがなんだか今までで一番盛り上がって楽しかったから、
来年からはトークをまず楽しみにして行くべき?笑

でも5人のパフォーマンスもすごくて!
東京ドームの一番てっぺんでペンライトも持たず見ていたし、
ステージ構成とか照明のこととか考えることが好きだから
こうしたほうが、ああしたほうがっていうのはすごく見えちゃったけど
でも5人なりに頑張ってたと思う!!

軽ーくソロ曲について触れます。

まずたっちゃん。
たっちゃんって、これからのKAT-TUNの中で仁君みたいな価値観を持った人になるんだと思う。
今回の新曲は「マリーアントワネット」という曲だったのですが、
前回の「Rabbit or Wolf」の時はシンプルに照明に凝ったステージだったんだけど
今回はなんかやりたい放題って感じでしたね!!
彼の中には、たくさん「あれもやりたいこれもやりたい」っていう構想があるんだろうなと思った。
だからこそマウピができるのですね!!今回もたくさん楽しませてくれると思う!
5人のソロの中で一番見ててすごく斬新で楽しかったです^^
ただ、上田氏の声ではない気がするので、マウピで彼の声で彼の歌を聞くのを楽しみにしています!

聖は・・・言うほど危険でもなかった気がする・・・汗
私的にはMAKE U WETのほうがよっぽど危険だった気がするのだが・・・。
照明もピンクピンクしてましたね~。
一言言うとしたら・・・
エロくするならもーっとエロくしてしまえ!!笑

ゆっちは、ツアーの時と、曲が1曲違った!!
奈々の好きなSMACK様が聞けなかったのは悲しかったけど
まさかUnderstandableがまた聞けるとは思ってもみなかった!!だいぶ興奮した!!
でもなんとなく中丸出しすぎてせわしなかった・・・。
FILMをゆっくりじっくり聞きたかった気もする・・・。

淳之は、彼のジャニーズである姿が存分に分かったステージだった!
「方向性の違い」としてKAT-TUNを離れる決心をした仁君と、
自らジャニーズに入って、爽やかソングを歌いこなす淳之が、
同じグループにいたってことに少しびっくりしてみた。
あの曲を歌ってる淳之は本当に楽しそうで、
自分がこの世界にいることを存分に楽しんでるのがすごくよく伝わってきた!
すごく淳之らしくていいステージだったと思う!

亀ちゃんは・・・よくわかんなかった・・・笑
奈々的には、ロスマイだけでしっかり魅せてほしかった!!
曲の相性も決して良いと言えるものでもなかったと思うし
リミックスをして複雑さのクオリティをあげるより、
彼の持ってる才能を十分に活かした集中力のあるステージを作ってもよかったと思った!
ドリボズの中とかだったら亀担が圧倒的に多いから複雑さのクオリティを上げるのは大賛成だけど
6人の、他のジュニアのファンがたくさんいるコンサートの中では、
彼の集中力のあるキッチリしたステージを魅せたほうが満足感があるかな、と。


まあ、思うところは多々あるけど
KAT-TUNが嫌いだったらこんなにテスト前の時間を割いて感想なんて書かないと思うし、
嫌いだからといって酷評を故意で挙げるような腐った人格でもないので
本当に、これからのKAT-TUNに期待、という感じですよね。愛です、愛^^
ここで奈々がどうこう言ったって私のこの酷評は届かないわけで、ソロだけにしたけど
他にもたくさん書きたいことあったけど
これは、次の彼らのコンサートを見てから、ってことで。
たった今正式に5人になったKAT-TUNに、仁君の分の穴を完璧に埋めることなんてできないんだから
一年じっくり熟成して、また新しい彼らなりのステージを作ってほしい。
一年たったらまたオラオラ系かもしれないしね^^

ファンをやめる・・・というか、ヲタをやめる・・・?
いろいろ言っておきながら、KAT-TUNの方向性にきちんと納得できたら
来年からものりのりで参戦しそうだしね^^
テレビとかには疎くなるだろうけど、個人個人は好きだよってことで!



にしても昨日は本当に泣いたなー^^;
奈々、NMPから泣きましたから、笑
MCまでのあたりはずっと涙が止まらなくて
奈々はほろり、くらいだったけど妹とか号泣しちゃって、
いちいち6人の姿とリンクしちゃって悲しかった。
でも5人のステージを見ていくにつれて、
なんとなく、「もうここに仁君は戻ってこないんだろうな」っていうのが
心の中で冷静に受け止められてきて、
最後のPROMISE SONGとSMILEの時点では
「はいはい、私はもう悲しんでないからいいですよ、
 シケた顔しないで5人のKAT-TUNで頑張っていこうよ!!」
って気持ちでした!笑
完全にスッキリしてしまって、SMILEすごい好きな曲だったはずなのに
そのシケた雰囲気に耐えられなくて大変だった!笑

でも、さすがに
Dモの時は、「早くライブで6人がしがし踊ってかっこいいところ見たいなーって発売の時思ったなー」って思ってて
ラブユアも仁君のラップと6人の踊りが見たいなーって思って
喜びも、漫画魂のアンコールの時、赤い紙吹雪の中でにこにこ6人で歌ってたなーって思って
たくさんたくさんたくさん、
いろんな思い出、出てきちゃったのは、つらかったな^^;



ちょっぴりほろ苦い思い出のコンサートになったけど、
いろんな意味で、前向きになれた、
いいコンサートだったと思います^^


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

奈々

Author:奈々
赤西仁をもはや崇拝している新大学生。
赤西仁のすべてが好きで
脳内毎日赤西仁でございます。
Question?とAKBも応援中。
勝運担、Q?担、AKBファンなどなどオールジャンル気軽にコメントしてください!

最新の記事

最近のコメント

種別

月別表示

リンク

つなビィ

BANDAGE

赤西仁の誕生日♪

    じんクンの誕生日

*script by KT*

ジャニーズ情報

感謝感謝のジャニ情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。